img-1

新築一戸建ての設備について

更なる消費税増税の前に新築一戸建てを購入しようと考えている人も少なくありません。



しかし、不況が続いている今では共働きでないと新築一戸建てを購入することが難しいという家庭がとても多いのです。



こういった共働き世帯に人気となっている設備は、浴室乾燥機や食器洗い乾燥機などの家事を手助けしてくれるような設備なのです。



少し前までこういった設備はオプションとして付けなくてはなりませんでしたが、最近では新築一戸建てを購入すると標準設備として付いてくる場合がとても多いのです。



こういった家事の手助けをしてくれる設備を上手に使用することによって、家事の負担を減らし、家族との時間を増やすことができるのです。



しかもこういった設備を深夜電力を利用して稼働させることによって、光熱費もかなり安く済ませることができるということもあり、共働きの家庭に人気となっているのです。



光熱費を安くするためには太陽光発電とセットで家庭用蓄電池を取り付けるという家庭も増えてきています。



昼間は太陽光発電で発電をし、その電力を蓄電池に貯めておき、深夜の電力の安い時に使用するという方法で光熱費を安くする事ができますし、日当たりなどによっては光熱費がかからないという場合もあるのです。



こういった太陽光発電と蓄電池のセットもオプションではなく、標準設備として付いてくるという会社もありますので、チェックしておきたいポイントの一つとなっているのです。

関連リンク

img-2

新築一戸建てでも住宅診断は必要?

中古の一戸建てを購入してリノベーションやフルリフォームを行う人が増えていますが、中古住宅は建物の状態が一様ではないため住宅診断を行いコンディションを把握するのが基本となります。リノベーションやフルリフォームでも構造上の致命的な欠陥や劣化は簡単には改善できませんので、程度の良い物件を購入するには住宅診断の必要性が高くなります。...

more
img-3

新築一戸建て住宅の取得にともなう税金の軽減措置とは

新築一戸建て住宅を取得した場合、さまざまな税金を支払う必要があります。ただし国が実施する景気刺激策の一環として、いくつかの軽減措置がなされていますので、これらを利用すれば支払う税金の額を少し抑えることが可能です。...

more