img-1

新築一戸建て住宅の取得にともなう税金の軽減措置とは

新築一戸建て住宅を取得した場合、さまざまな税金を支払う必要があります。



ただし国が実施する景気刺激策の一環として、いくつかの軽減措置がなされていますので、これらを利用すれば支払う税金の額を少し抑えることが可能です。


たとえば新築一戸建て住宅を取得した場合は固定資産税を支払う必要がありますが、一定の条件を満たせば3年間は固定資産税額の2分の1が減額されます。



固定資産税額が減額されるのは、新築一戸建て住宅の延べ床面積が50?以上240?以下であることが要件となります。



また住宅の敷地についても同様の軽減措置がとられており、固定資産税の税額を決定する際に用いる固定資産税評価額が、正規の金額の6分の1となります。



また不動産を取得した際に課税される不動産取得税も、新築一戸建て住宅を取得した場合は軽減措置があります。



住宅の不動産取得税が軽減されるための要件は、上記の固定資産税の場合と同様です。



また土地についてはいくつかの要件が定められおり、土地の取得時期と建物の建設時期によっては軽減措置を受けられない可能性もありますので、詳細については事前に調べておくことが必要になります。



なお軽減されるのは税率で、通常は4%のところ3%に軽減されます。


これらの減税措置に加えて、住宅ローン減税や登録免許税の軽減措置、長期優良住宅の優遇措置など、新築一戸建て住宅を取得した場合はさまざまなメリットを受けることができます。住宅を取得する場合は、これらの優遇措置についてもしっかり考慮しておきましょう。



関連リンク

img-2

新築一戸建て住宅の取得にともなう税金の軽減措置とは

新築一戸建て住宅を取得した場合、さまざまな税金を支払う必要があります。ただし国が実施する景気刺激策の一環として、いくつかの軽減措置がなされていますので、これらを利用すれば支払う税金の額を少し抑えることが可能です。...

more
img-3

新築一戸建てでも住宅診断は必要?

中古の一戸建てを購入してリノベーションやフルリフォームを行う人が増えていますが、中古住宅は建物の状態が一様ではないため住宅診断を行いコンディションを把握するのが基本となります。リノベーションやフルリフォームでも構造上の致命的な欠陥や劣化は簡単には改善できませんので、程度の良い物件を購入するには住宅診断の必要性が高くなります。...

more